札幌市にあるお寺、竹韻精舎蔵王寺では、法話、祈祷、供養、を毎月行っています

   札幌市/お寺/最新情報/今月の動き/薬王山竹韻精舎蔵王寺札幌市/概要/沿革/アクセス/薬王山竹韻精舎蔵王寺札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺。札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺札幌市で祈祷、供養、法話をするお寺  
   
札幌市のお寺で行っている今月の法話


   令和元年5月    六道化生を目指して 今月の法話を音声で聞く
 
六道化生を目指して

 本日は大型連休の中、ご参拝頂きまして誠に有難う御座います。今日から元号が令和に変わり、記念すべき日となりました。この記念すべき元号の変更に合わせ、新たな目標をたてられた方も多いのではないでしょうか。

 修験道は神仏混交の宗教ですので供養も致しますが、祈祷も致します。祈祷の際には錫杖を使用致しますが、錫杖は柄の先に付けられた金属製の環を振り鳴らす法具です。環の数によって幾つかの種類が御座いますが、修験道では菩薩の持ち物とされます六環のものを使用します。六環は菩薩の実践徳目とされます六波羅蜜を象徴しています。

 この錫杖の功徳を説いたのが九条錫杖経です。九条からなる短いお経で私達の宗派では朝・夕の勤行の際には必ずお唱えするお経の一つになっています。第五条の六道化生条では「当願衆生 檀波羅蜜 大慈大悲 一切衆生 シラ波羅蜜 大慈悲大悲 一切衆生 セン提波羅蜜 大慈大悲 一切衆生 毘梨耶波羅蜜 大慈大悲 一切衆生 禅那波羅蜜 大慈大悲 一切衆生 般若波羅蜜多 大慈大悲 一切衆生」と云うように六波羅蜜の実践を説き、大きな慈しみと哀れみを全ての人々に注いで行こうと教えています。

 この教えを実践する事は大変難しい事ですが、私達凡人でも取り組みやすいように毎週曜日を決め、テーマを一つに絞って実践してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

 例えば月曜日は施しをする日として、笑顔を絶やさず思いやりのある言葉を発す等、自分なりの施しをしてみる。火曜日は規律を守る日として、法定速度を守って車の運転をする。水曜日は忍耐の日として、腹を立てずに過ごしてみる。木曜日は努力の日として、何事にも精一杯取り組んでみる。金曜日は反省の日として、冷静に自分の生活を見つめてみる。土曜日は知恵の日として、愚痴をこぼさず生涯学習に取り組んでみる。

 元号が変わり国や社会も新たな目標に向かって動き出しました。私達も仏教徒の一人として、令和にふさわしい新たな目標に向かって精進を重ねて参りましょう。そうする事によって家庭や社会が変わり、この世に理想の仏国土を実現させる事が出来るのではないでしょうか。

 これから始まります皆様方の新しいひと月が、仏国土建設の一翼を担う毎日となりますようご祈念申し上げます。

 本日はご参拝、誠に有難う御座いました。

令和元年5月 薬王山竹韻精舎蔵王寺

 






   2019年4月    七仏通戒偈を身に読む 今月の法話を音声で聞く
   

七仏通戒偈を身に読む

 本日はお忙しい中、ご参拝頂きまして誠に有難う御座います。

 長かった冬も終わり今年も希望に満ちた春の到来となりましたが、5月から使用される令和という新元号の発表が有り、まさに新時代の幕開けとなる歴史に残る春を迎える事になりました。この記念すべき春を機に日々の生活を見直し、仏教の原点に立ち返って、実り多い日々を過ごして参りたいと思います。

 葬式仏教と言われますように仏教は死者を供養する宗教のように思われていますが、そうでは有りません。現在この世を生きている私達の心を救済し、人間としての生きる道を教えてくれるのが仏教なのです。生老病死に象徴されますように、思うように行かず困難の多いこの世の人生を、いかに希望を持って正しく生きるかを教えているのです。

 仏教の教えを守り、この世の人生を正しく生きるとは「七仏通戒偈」の実践に他ならないように感じます。七仏とはお釈迦様とお釈迦様が現れる以前に悟りを開いたと言われる6人の仏の事で、七仏が共通して説いた教えが「七仏通戒偈」なのです。「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」という16文字の非常に短いお経で、「もろもろの悪をなさず、ありとあらゆる善を行って自らの心を浄めよ。これが諸仏の教えである」との意味になります。ここで大切なことは人に後ろ指を指されたくないから悪い事をしないとか、名声を得る為に多額の寄付をする等というように、行為の意図が不純であってはならないのです。

 「七仏通戒偈」は現存する最古の経典とされます法句経の中に納められています「言葉を慎み、意を整え、身に不善を作さず。これにより己を清めるべし。かくして聖の説ける道を得ん」との教えがベースになっているのです。このように仏教は「この世の人生をいかに正しく生きるか」を説いています。

 また、仏教は自業自得を説き、いかなる事態が起きようとも責任を他に転嫁せず、原因は我に有りとして「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」事を原則としています。

 新元号の制定にあわせ心機一転を図り、身口意の三業を浄め、宗教家らしい日々を過ごせるよう微力ながら精進を重ねて参りたいと願って止みません。

 本日はご参拝誠に有難う御座いました。

20194月 薬王山竹韻精舎蔵王寺

 






   2019年3月    三輪清浄の大切さ 今月の法話を音声で聞く
   

三輪清浄の大切さ  

 本日は足元の悪い中、ご参拝頂きまして誠に有難う御座います。

 早いもので今年も3月に入り、彼岸を迎える月となりましたので、日もだんだん長くなり、春の気配を感じられる季節になりました。

 菩薩に課せられた6つの実践徳目を六波羅蜜と申しますが、その第一番目に掲げられているのが布施行です。布施とは在家の人々が出家行者や寺院・教会に財物などを施す事ですが、皆様が行っています身近な布施行とし致しましては、月参りに来られるお坊さんにお渡しする御布施が御座います。

布施には今お話ししました金銭を施す財施の他に法施や無畏施が有ります。一般的には信者さんからの財施に対し、僧侶は読経による供養や法話などを施し互いにバランスを取っていますが、仏教ではこの財施と法施のやり取りに際し、三輪清浄が大切だと教えています。

 先ず布施する人は私利私欲や特定の目的の為に施してはいけないのです。そして、布施として施す財物が不当に得た物であってはならないのは勿論の事ですが、布施を受ける僧侶は布施を受けるにふさわしい行いをしている事が前提になります。このように施す人と施す施与品、更にはそれを受け取る僧侶が共に清浄でなければ布施本来の行為とはならないと説いているのです。このように三者が全て清浄で始めて布施行は成立するのであり、どれ一つ欠けても布施にはならないと教えています。

 江戸時代に臨済宗再興の祖として活躍した白隠禅師の師僧だった至道無難禅師は「お金は天下の宝である。悪人が持てば人を苦しめ、自分も苦しむ事になるが、善人が持てば人を助け、自分も楽しむ事が出来る」と教えています。そして、「布施する者はたとえ千貫・万貫の布施も三銭と思って出せ。受け取る僧侶は万貫の布施も三銭を思って受け取らなければ、後世は畜生になる事疑い無し」と力説しています。お金が全てを左右するような風潮が強くなりつつある今日、とても重い言葉のように感じられてなりません。

 私も宗教家の末席を汚す者と致しまして、三輪清浄の教えを肝に銘じ日々精進を重ねて参りたいと願っています。

 これから始まります皆様方の新しいひと月が三輪清浄の精神に裏打ちされた布施行の毎日となりますよう心よりご祈念申し上げます。

 本日はご参拝誠に有難う御座いました。

20193月 薬王山竹韻精舎蔵王寺


 







   2019年2月    随喜の功徳 今月の法話を音声で聞く
   

随喜の功徳

 本日は雪の中、ご参拝頂きまして誠に有難う御座います。早いもので今年もひと月が過ぎ、2月に入りました。2月3日は節分です。古来、私達の先祖は立春の前日に豆をまいて邪気を払い、歳神様をお迎えして新しい年の平穏と幸多い事を祈って来ました。「福は内、鬼は外」と唱えながら豆まきをするのが一般的ですが、私達の金峯山修験本宗では「福は内、鬼も内」と唱えます。「鬼も内」と唱えて豆まきをするのは、全国でも私達のお寺だけではないでしょうか。

 この世に生を授かった者と致しましては、平穏で幸せな生活は今年一年にとどまらず、生涯続いて欲しいと願うものです。そして、出来る事なら、あの世でも極楽に往生して、永遠に幸せな毎日を過ごしたいと願わずにはいられません。極楽浄土に往生する近道は、何と言いましてもこの世での生活を感謝と奉仕の日々で満たす事ではないでしょうか。支えられ生かされている自分を自覚し、支えてくれている人々に感謝の気持ちを抱くと同時に、その気持ちを具体的な行動に移し、世の為、人の為に働かせて頂く事ではないでしょうか。そうする事で「有難う」の言葉で満たされた日々を送る事が出来、幸せな毎日を過ごす事が出来るのではないでしょうか。

 高齢化社会が進み、街のいたる所にケアハウスが立ち並ぶようになりました。ケアの本来の意味は「悲しみを共にする」事だそうです。ですから喜びや苦しみ、悲しみをお互いに共有し合い、分かち合う所がケアハウスなのです。

 私達仏教徒は七仏通戒偈の教えに従い、善行の実践を目指し、陰徳を積む日々を送りたいと願うものですが、「大智度論」では「善を行ずる者より、それを随喜する者の功徳の方が勝る」と教えています。戦後のベビーブーム世代が70代となり、高齢化社会の課題が叫ばれていますが、与えられた日々をいかに心身ともに健やかに生きるかを私達は問われているように感じます。

 イギリスの科学者ニュートンにちなんだ天体の運行から割り出した「ニュートン時間」が有りますが、これに対しフランスの哲学者ベルクソンの名を取った「ベルクソン時間」が有ります。この時間は同じ時間でもその人の感覚や意識によって短く感じたり、長く感じたりする時間の事です。

 これから始まります皆様方の新しいひと月がケア精神に基づく随喜の日々で満たされ、生きがいに支えられ短く感じられる毎日となりますよう心からご祈念申し上げます。

 本日はご参拝誠に有難う御座いました。

2019年2月 薬王山竹韻精舎蔵王寺


 







   2019年1月    遺教経を拠り所として 札幌市/法話/音声
 

遺教経を拠り所として

 

 本日は雪の中、ご参拝頂きまして誠に有難う御座います。

 皆様におかれましてはご家族お揃いで新年をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。今年は年号が変わるとの事ですので、まさしく新しい門出の年になりますが、この一年が皆様方に取りまして実り多い豊かな年となりますよう、心よりご祈念申し上げ初護摩を焚かせて頂きました。

 1月の事を正月と申しますが、正しくは「修正の月」と申します。新年を迎え一年の目標を心に誓って日々精進を重ねますが時間の経過に伴い、いつしか初心を忘れ目指した目標とは違った道を歩んでしまう事が御座います。そうした自分を見つめ直し、正しい道に導き直すのが1月で「正しく修正する月」と言う事から正月と呼ばれて来ました。

 「一年の計は元旦にあり」と申しますが、年頭に当たり今年一年の計画を立てられた方も多いのではないでしょうか。私は昭和58年にご縁を頂き得度受戒を授けて頂きましたが、この36年間、不思議に思い、納得いかない現実に直面して来ました。仏教と言いますとイコール葬儀と言える位、亡き人の供養こそが仏教の本義のようになっていますが、お釈迦様の教えを勉強すればする程、そうではない事に気付かされます。

 お釈迦様は「生老病死」と言う苦しみ多きこの世の人生をいかに正しく生きるかを説かれました。今年こそ仏教の原点とも言うべきお釈迦様の教えに少しでも近づく事が出来るよう、努力して日々を過ごして参りたいと願っています。

 具体的にはお釈迦様の命日であります毎月15日に最後の教えを纏めた経典と言われています「遺教経」をお唱えして、お釈迦様の教えを肝に銘じ、忘れる事のないよう精進を重ねて参りたいと思っています。特に出家僧侶が守るべき戒めとしてお示しになられた、悟りに至るために守るべき少欲・知足・遠離・精進・不忘念・正定・修智慧・不戯論という8つの徳目をかみしめ、「少欲・知足」を守り、「勤め励む」事を忘れず、日々努力して参りたいと思っています。

 これから始まります皆様方の新しい一年が、お釈迦様の教えに裏打ちされた仏教徒にふさわしい毎日となりますようご祈念申し上げます。

 本日はご参拝誠に有難う御座いました。 

2019年1月 薬王山竹韻精舎蔵王寺王


 
 



   2018年12月    維摩経に学ぶ





   2018年11月    身口意を整える




 
札幌のお寺行った過去の法話履歴
 
 
 


































 

Copyright©2018山竹韻精舎蔵王寺.All rights reserved