薬王山竹韻精舎蔵王寺は奈良県吉野山にある総本山金峯山寺の末寺として札幌市にあります。  
   
 
 
供養とは供給(くきゅう)と資養(しよう)の合成語です。

私達が亡き人を想い、生前のご恩に感謝してお花やお水・ご飯等を仏前にお供えさせて頂くと、亡き人がその功徳を喜び、私達にその思いを回向して下さいます。

この様に亡き人が私達の心を資(たす)けて、仏心や合掌の心を養ってくれるのです。ですから、ご供養で大切なことは亡き人を想い、感謝する心を持つ事なのです。

地蔵本願功徳経では、供養の功徳の七分の一が亡き人に与えられ、残りの七分の六は供養した私達に与えられると説いています。

生きている間に、仏心や手を合わせる心を持つ事がいかに大切かを教えてくれています。
 

お気軽にご相談ください。