薬王山竹韻精舎蔵王寺は奈良県吉野山にある総本山金峯山寺の末寺として札幌市にあります。  
   
 
修験道は、日本古来の古神道を精神的礎にしつつ、作法や経典は仏教、特に密教から導入し、我が国独自の宗 教として形成されました。

その根底には、自ら実修実験する事を本願とし、それによって得られる力を、衆生救済に振り向けるという自利利他行を実践する宗教です。

修行の中でも奥駈修行は、奈良県吉野山の蔵王堂から和歌山県の熊野本宮・那智大社までの約180Kmの山々を縦走する、修験道究極の修行といえます。
総本山金峯山寺では毎年6月に、また別格総本山東南院では毎年7月に奥駈修行を実施しています。